FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DHバー 交換

DHバー交換しました。

今まではPROのサイノップを使っていましたが、カーボン製のDHバーに交換。

profile design プロファイルデザイン T3+carbon ホワイト プロファイルデザインのDHバーです

現行のT3+carbonではなくひとつ前でしょうか。ブラケットはJ3ブラケットです。アームレストはF22アームレストです。

DHバーのデザインがこっちのほうがよかったのでこれにしました。

profile design プロファイルデザイン T3+carbon ホワイト_1 profile design プロファイルデザイン T3+carbon ホワイト_2

今までとはバーの形が違います。

DHバーに関してですが、海外の通販ですと、種類が少ない印象を受けました。私が購入したのも国内で購入しました。
値段に関してもさほど大きな差はなかったです。


amazonでプロファイルデザインを検索


ロードバイクの海外通販はwiggle


スポンサーサイト

プロファイルデザイン ボトルケージ サドル

今回はサドルの後ろにボトルケージがつけられるものです。

空気抵抗のことを考えると、サドル後方にあったほうが、抵抗を抑えられるらしいです。


今回取り付けたのはプロファイルデザイン RM SYSTEM 2 ホワイト ボトルケージ


カーボンのものもありますが、今回はアルミ製。
サドルのレールを挟むようにして、取り付けます。商品写真を見てみると、ボトルケージ側の部品とサドル取付側の金具の繋がり方が私が取り付けた向きと逆になっています。買った時も商品写真の向きでつながっていましたが、どうにも取り付けた時の角度が思っていた位置にこないので、いろいろ悩んだ末、この向きで取り付けることにしました。


  profile design プロファイルデザイン RMS2 リアマウントシステム2他にもブラックのものがあります。


画像をよく見ていただくとわかると思いますが、画像中央の取付金具部分になにかついています。

リアライトもついでに取り付けました。レースでは必要ないですが、普段夜道を走るときは必要です。以前はシートステーに取り付けていましたが、振動で傷ついたのでこちらに。なかなか力が必要な作業でした。

  profile design プロファイルデザイン RMS2 リアマウントシステム2_2後ろからみるとこんな感じ


  profile design プロファイルデザイン RMS2 リアマウントシステム2 ライトライトつけたらこんな感じ。


なかなかうまくできて満足でした。


調べてみると、サドル後方にボトルケージ2本取り付けて走るレベルになると、距離はミドル~ロングになるそうです。私の今の実力だとこのボトルケージをフル活用するときは、かなり先の話になりそうです。

また一つ、目標ができました。






プロフィール

北原拓真

Author:北原拓真
知人からロードバイクを勧めてもらってから、ジテツウ、自転車通勤をするように。どうせ乗るなら早くて疲れないものが良くて、ロードバイクにこだわりを持つようになり、いつの間にかトライアスロン出場を目指すようになりました。

最新記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
4652位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1355位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。