スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイク 盗難 blue axino ex

しばらく更新していませんでしたが、その間にいろいろなことがありました。

新しいフレームを購入してから、組立の記事を書いている途中でしたが、完成していたけど記事にしていませんでした。


もともとこのフレームは妻のために購入したもの。妻のロードバイク。ですがほとんど乗ることなく、妻の大事な形見として乗るようになりました。


そして盗まれました。


多関節ロックで支柱につなげてロックをかけていましたが、見事にロックが外され、跡形もなく消えていました。


妻には不思議な能力があったので、盗んだ人は気をつけてください。今更売ろうが何しようが遅いと思います。

悪いことをしたらそれ相応かそれ以上の災難が自分に降りかかることでしょう。
私もそう願っています。


                        BLUE AXINO ロードバイク ブルー アグジーノ


スポンサーサイト

フロントフォークの取付け

BLUE AXINO の組立です。

フロントフォークをフレームに取り付けます。

今回の規格は、1-1/8、1-1/2のテーパーヘッドチューブですので、付属のベアリングもその径に合うものが付属してきました。

なかなか見ない規格ですが、最近の傾向はヘッドチューブの下側が太くなっているものが多くなってきているようです。理由は剛性が増すとかなんとか。

フロントフォーク取付の構造ですが、ヘッドチューブの上下にベアリングがあって、アヘッドの場合はステムとコラムスペーサー挟んで、トップキャップの締め具合でベアリングの動き具合とガタの調整をするように・・・。文章にしてもよくわかんないですよね。

さておき、この上下のベアリングの下側には、フォークに下玉押しなる金属を圧入しなければなりません。新品フレームセットなんで圧入されてません。あー困った。

とりあえず手で押し込んでみましたが、途中から入らない。でもどう考えてもキツ過ぎだしカーボンフォーク傷つくんじゃね?って思ったんで、サンドペーパーで下玉押しの内側すりすりして削ってやりました。ちょっと削って入れてみて、またちょっと削って入れてみてを繰り返して、ついに手で押し込むには無理そうだけど、軽くゴムハンとかでたたいたら動いてくれそうな、そんな絶妙な加減になったのでそれからは一気に押し込んでやりました。どの程度のキツさが正解か知りませんが、私の感覚では、絶対正解ですね。

無事に下玉押しも取り付けることができて、アンダーベアリング→ヘッドチューブ→トップベアリング→ステムとスペーサー→マルチプレッシャーアンカーの順番で取付完了です。はい、画像ありません。余談ですが、フルカーボンフォークはグリスのつける場所気をつけないとカーボンが劣化するので気をつけましょう。カーボン素材に直接付くような場所にグリスは塗らないほうがいいと思います。

フロントフォーク 下玉押し 圧入
このステアリングコラムの末端に見える金属が下玉押しなるものらしいです。これが圧入されています。画像をよく見ると、ステアリングコラム上部が細くなっています。これがテーパーヘッドチューブらしいです。

ボントレガー ロードステム 60mm ホワイト
これが取付完了後の写真。ヘッドセットはFSA製でした。あとステムのボルトとトップキャップのボルト、どちらを先に締めるかですが、トップキャップから締めてください。締め具合は、ガタがないように、そして締めすぎるとコラム内でトップキャップ自体上にずれてきてしまったり、ハンドルを左右にきったときに渋くなってしまうので、締めすぎは注意しましょう。その後ステムのボルトを締めます。

下玉押し圧入用の専用工具もあるみたいですけど、この時以外使うことは一切ないので、私の場合は別の方法を考えました。円筒形のプラスチックなど(塩ビパイプとか)を差し込んで上からゴムハンで叩くという方法がいいらしいですが、1-1/2径の塩ビパイプ探すのが面倒だったのでやりませんでした。

心配な人、几帳面な人などはショップに頼みましょう。

BLUE AXINO EX 組立 フロントクランク周り

コラムのカットも無事に終わったことなので、各部コンポーネント取り付けていきましょう。

さきに断わっておきますが、写真は完成後にまとめて撮ったものなので、組み付けている最中のリアル写真みたいなのはありません。


ではクランク。

今回は初めてのBB30規格。まったく知識がなかったので、webリサーチすると、異音に関する評判の悪さが目立ちました。変な音がするのは嫌なので、シマノのホローテック2クランクをBB30に取り付けることができるアダプターがKCNCからリリースされているので、それを取り付けることにしました。

BB30はねじ切りされていないので、アダプター取り付けるのも圧入になりますが、これの場合は、左右のアダプターをつなげるのがねじになっているので、ねじ+圧入みたいな構造です。文章で説明しづらいですが、リアル写真無いのでこのへんで勘弁してください。

アダプターの色は、赤と黒と黄色がありますが、今回は黒にしました。

道具はシマノのホローテック2のBB取付工具が1本あれば付きます。理想は2本必要です。

必要箇所にグリス塗って様子見ながらアダプターのねじがかみ合ってくれるまで頑張って押し込んで回していくと、途中からねじが締まっていくと同時に圧入もされていきます。ハマルまで回して、しっかり締めこんで取付完了。BBの指定トルクは高いのでしっかり締めこんでも大丈夫でしょう。

そして付属の壊れやすいとのことで評判の赤いシムを取り付けて、シマノクランクを挿入。あとはシマノのクランク取付工程間違わなければ終了です。ちなみに赤いシムは径がキワドイらしく、シム内側(クランク軸側)を目の細かいやすりで少しなでなでしました。おかげですんなり入ってくれました。

KCNC BB30 アダプター シマノ ホローテック2 ブラックきれいに取付できました。BBとクランクの間にうっすら赤く見えるのが例のシムです。
ちなみにあまりにも壊れやすいのか、予備が付属してます(笑)。


BLUE AXINO EX 組立 フロントフォークカット

今回はフレームセットも新しいものを購入したので、フロントフォークのコラムもカットされていません。
シーポのときは国内で買ってショップでカットしてもらったので、工賃もかからず楽ちんでした。

今回は通販だし、近所のショッピングモールの自転車屋はカーボンのカットは嫌そうな顔される・・・。

ということで、カーボンのコラムカットは初めてですが自分で挑戦してみることにしました。

同じように自分でカットしてる人はそこそこいるようなので、リサーチしてさあ開始。


工具は、金属用ののこぎり(歯が細いやつ)とコラムカット専用のソーガイドは最低限必要だと思います。あとは万力があれば、ソーガイドをどこかに固定できますが、実際にやってみた感じだと、地面がコンクリートなら必要ないかも。でもフロントフォークを直に地面に置いてカットすると傷がつくので緩衝剤などを間に挟んで作業しましょう。私は梱包された時の緩衝剤つけたままで、コラム側はフリスビー置いて作業しました。

リサーチすると、みんなマスクして作業したみたいなので私も着用しましたが、屋外で砂嵐が吹いてなくて、集中しすぎると顔が異常に近づいてしまう人でなければそこまで神経質になることはないと思います。まあマスクすれば安心ですね。

①ヘッドチューブ+コラム残す長さ決めて、マジック等で印つけます。

②ソーガイドで固定

③金属用糸のこでギコギコ

フロントフォーク コラムカット


気長にやってればそのうち切れます。最後の最後、切り落とす寸前が一番大事だと思います。ここを慎重にやらないと、カーボンがちょっと剥離します(-_-)。ギコギコし続けて集中力が切れたころにやってくるので注意しましょう。

でも思ったほど難しくないですよ。意外と簡単。

道具さえあれば、一度やれば感覚つかめるので今後も何回かカットするかもって思っている人は道具そろえたほうがいいですね。まあこんなこと何回もやることないと思いますが・・・。ちなみにカーボンシートポストも同じ要領でカットできます。

ロードバイク 組立

ルイガノを次のオーナーさんへ譲渡したのは、新しくフレームを購入したのがきっかけでした。

今回はフルカーボンフレームです。

ブランドは、日本ではあまり馴染みのないブランドです。私も聞いたことありませんでした。

「BLUE」

アメリカのブランドのようです。ロードレースというよりかはトライアスロンに力を入れている印象を受けます。
フレームは

「AXINO EX」

女性モデルです。デザインも女性というか、中性な印象です。私もデザイン気に入りました。

BLUE AXINO EX フレームセット01  

BLUE AXINO EX フレームセット02ヘッドチューブは上が1-1/8、下が1-1/2のテーパードとのこと。剛性がアップするとか。

BLUE AXINO EX フレームセット03トップチューブ、ダウンチューブとも真ん中がもっこりしてます。

BLUE AXINO EX フレームセット04シートステーは反ってますね。

BLUE AXINO EX フレームセット05   BLUE AXINO EX フレームセット06
スカイブルーの色とフラワーモチーフのデザインが爽やかです。フレームセットの値段はごにょごにょですが、価格以上のクオリティにビックリです。

BLUE AXINO EX フレームセット07   BLUE AXINO EX フレームセット08
フロントフォークの内側にデザインされているのがちょっと憧れでした。先細ですが、エアロ効果が期待できそうな形状です。
そして初めてのBB30規格。メイドインタイワンは安心できます。情報によると、ロードバイクブランドのほとんどは台湾で生産されているらしいです。

まったく情報のないフレームでしたが、購入して正解でした。思った以上のクオリティですね。このブランドは、アメリカのアトランタ発祥のようです。カーボン成形にこだわりを持っているらしく、F1で使用されるカーボンと同じ成形方法でつくられたフレームだとか。軽さと剛性の両方を併せ持つことができるみたいですね。カーレースで使われる素材が、ロードバイクの分野でどう活かされるか謎ですが、なんとなく満足感は高くなります。

総じて良いフレームだと思います。





プロフィール

北原拓真

Author:北原拓真
知人からロードバイクを勧めてもらってから、ジテツウ、自転車通勤をするように。どうせ乗るなら早くて疲れないものが良くて、ロードバイクにこだわりを持つようになり、いつの間にかトライアスロン出場を目指すようになりました。

最新記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
6989位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1954位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。